« 【高田馬場ゲーセンミカド 反射部 発足のご挨拶】 | トップページ | 【反射部員紹介】 »

2012年7月20日 (金)

ダラバー部活動コラム「それでも鯨を倒したい」第1回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N.

【1 君は自由だ、選びたまえ】


そろそろ土用の丑である。あいにく、ダラバーにはウナギ型のボスはいないが。


前回は自分が鯨を倒すまでの経緯と言う事で、つらつらと自分の事を語ったが、
今回から第一回、本格的に「いかにして鯨を倒せるようになっていくのか」と言う道のりを大まかに解説していく。
基本的に、解説はゲーム内の順序に準ずる。前回はさしずめ、コインを入れる前の雑談、と言ったところだろうか。


と言うわけで、まずは機体選びである。


ストⅡで言えばガイルを使うかダルシムを使うかくらい重要な瞬間だ。
このゲームは使用機体によらず一度慣れてしまえば機体を変えても大体は何とかなるが、
だからこそ最初に何を使うか、それをどう決めるかが大事であるように感じる。
重要なのはどの機体を使うか、それ自体よりも

「自分が使う機体で何に注意しなければいけないか」

なので、今回はそう言う視座で各機体を簡単に紹介していこうと思う。
あくまで大まかな雑感程度のものであるため、細かい部分は自分で遊ぶ中で探ってもらいたい。
(インストを読めば分かるところも省略する。あしからず。)


・レジェンド
スタンダード。「ダライアス」を知っていれば、機体そのものの性能については説明不要と思われる。
気を付ける事があるとすれば、ショットボタンを離すと「設置バーストが自機から離れる」事くらいだろうか。

・ネクスト
お題目上は防御重視らしいが、ボムが敵を追尾してくれるのでむしろ攻めを安定させやすい。
その分、メインのショットが小さい(特にウェーブ)。きちんと狙わないとバーストともども空振りする事も。

・フォーミュラ
異形。何から何まで掟破りで、これだけで一つのゲームとして独立している、とも言えそう。
基本的にショットが画面端まで届かないので、「どこまで下がっていいのか」を把握するのが第一。

・アサルト
異形その2。縦に拡大するレーザー、爆発型のボム、パワーアップすると連射数が「減る」ウェーブと、こちらも掟破りだらけ。
スパークバーストは強力だがゲージ効率が非常に悪いため、「スパークフィニッシュで敵を撃破する」事を心がけたい。

・オリジン
伝統。バーストが使えない分、と言うかそれ以上に攻撃力が高い。その他は概ねレジェンドと同じ。
敵の攻撃はちゃんと避けなければいけないし、画面に出せる弾数が非常に少ない。「必中」を意識しよう。

・セカンド
速攻。オリジンよりもさらに暴力的な密着火力と攻撃範囲を持つが、全体的に弾切れが苦しい。
何は無くとも初期の貧弱な状態をいかに切り抜けるかが重要。「(特に赤)アイテムを取りもらさない」こと。

・外伝
「裏」スタンダード。ショットとボンバーと言う構成は、むしろSTGとして分かりやすいかも知れない。
何度でも使えるとは言え、ボンバーは一度ずつしか撃てない。まずは「使いどころを覚える」事が肝心。

・ジェネシス
テクニカル。タイミングを見なくても手軽にカウンターを取れるαバーストと守りの堅いサポートユニットが特徴。
ショットの威力が全体的に低いが、サポートユニットが撃つ弾がミサイルなため、「前に出る」事を意識すると安定する。


これだけ特徴が違うと、どれを使おうか迷ってしまうかも知れないが、基本的には「好きな機体」で問題ない。
「攻撃をちゃんと『敵に当てる』」事を意識すれば、最悪ショットボタンを押しっぱなしにしているだけでも大丈夫だ。
特に、バーストボタンを使う攻撃はそれで敵を撃破する事で初めて十全に機能を発揮する。
「ゲージがよく空になってしまって思うようにバーストを使えない」と言う人は、そこを注意すると違ってくるかも知れない。


なお、8月10日(金)~12日(日)ミカドにて開催される

「ダラケット in 高田馬場ゲーセンミカド」
http://www.mikadodbacevent.con-breeze.mydns.jp/DBAC/daraket/top.html

では、配布するDVDに収録されている動画でこの辺りを少し詳しく解説してあるほか、
実演も交えてナマでも解説していくので、興味のある方は参加してみてはいかがだろうか。
詳細は上記のURLから飛べる情報ページにて。


次回はいよいよ捕鯨ルートのステージ1こと「ZONE C」を攻略していく。
攻略と言っても稼ぎと言うよりは「安全走行」のそれなので、気軽に参考にしていただければ幸いである。


ではまた、再来週くらいに。

« 【高田馬場ゲーセンミカド 反射部 発足のご挨拶】 | トップページ | 【反射部員紹介】 »

ダラバー部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【高田馬場ゲーセンミカド 反射部 発足のご挨拶】 | トップページ | 【反射部員紹介】 »