« ダラバー部・漁師会談 第1回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. | トップページ | ダラバー部・DBAC四方山 第1回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. »

2013年7月19日 (金)

ダラバー部・戦果報告 第1回 by tomirin

夏真っ盛り、フェスティバルシーズン到来。
ダラバー部も、8月にイベントを開催する予定である。
詳細は続報を待て!

さて。
毎週第三金曜は「戦果報告」と称して、
火曜交流会に参加しているプレイヤーからの寄稿記事をお送りする。
第一回となる今回の報告を務めるのは、
「TR」こと「tomirin」氏。
先週に引き続き、ネクスト使いの登場である。

Dbac_boss25
(※画像と記事の内容は必ずしも関係ありません)
 
 
 
はじめまして。
かつてはタイステ渋谷でクロニクル解放、
現在はネクスト光導なんかをやっとりますtomirin(スコアネームTR)です。
今回はネクスト乗りとして、自身の頭の中の変遷を語らせていただきます。

さて、ネクストを使うようになった理由はPSP版で使っていたから……という何の捻りも無いものです。
といっても何の疑問も持たずに使い続けたわけではなく、
スコアのシステムが少しわかってきた頃にボムが~(以下略)となってレジェンドに浮気しそうになっていました。
そんな頃、アキバさんのネクスト光導1.8億の動画を見て衝撃を受けたわけです。
「こういうゲームだったのか……」
「自分も1.8億が出せるようになりたい」
何かに心を動かされたときに自分でもやってみたいと思い、
とりあえず真似をしてみる性分が働いた結果、ネクスト光導でのスコアタを始めていました。

とは言っても、この時既にホームでのクロニクル解放を始めていたので、
平日は間違えてオリジナルモードを選んでしまった時と、週末に数回といった状況。
プレイはしているけど、やり込んでいるとは言い難い状態で、
次第にクロニクルが楽しくなり、クロニクルのプレイ数ばかりが増え、
ホームの解放が終わるまではごく普通のクロニクラーでした。
多人数エリアを一人で解放するためにダブルプレイの練習をしたり、
解放状況を確認するためにXMLデータを拾ってきて自分専用のマップ作ったり、
オリジナルEXが解禁されても見なかったことにしてクロニクルを全力で進めて順位を上げたり、
9月23日に100%達成できるように何ヶ月も前から調整したり。

転機が訪れたのは、
ホームのクロニクルが100%達成して「さ~稼ぎプレイに走っちゃうぞ~」というまさにその頃開催された、
第2回アルカディア杯。
入賞するようなスコアではなかったけど、
クロニクルのWTSで名前を見るような人たちと並んで自分のスコアがあったりして、
あれ?っと思いました。
自分で考えるパターンがある程度は通用するようになったんじゃなかろうか?
と言う手ごたえを感じたのです。
そして、ようやく自分でパターンを考えることの重要性に気付きました。
先に見てしまった動画の印象が強すぎた事もありますが、
そのパターンを再現することが目的になってしまい、
自分で考えることをほとんどしていませんでした。
そもそもスコアアタック自体が目的という遊び方が初めてで、
ここに至って、やっと本当のスタート地点に立てたんじゃないかと思います。

考えを改めて、光導のパターンを一から構築するつもりで再開しました。
その時点で自分ができることをベースに、どうすればより稼ぐことができるかを考え、試してみる。
自分で試行錯誤をして、改めてアキバさんのパターンの凄さに驚きました。
そして、理解してパターンを取り込んでスコアが上がっていくのが楽しくて仕方ありませんでした。
仕切り直し前には1.4億程度だったスコアが面白いように伸びていって、
気が付くと1.7億。調子に乗って動画を投稿したりしました。
正直、自分にはこのあたりが限界だろうと思っていたので、
記念にという考えもあったんですが、その後も伸びてしまって……
まだ見ぬ500万を妄想しながら1.8億を超えるため練習を続けました。
そして1.8億達成と、かつては憧れでしかなかったところまで楽しく続けられました。

つまりどういうことかというと、光導は楽しいので皆さんやりましょう!!
 
 
 
いかがだっただろうか。
ダラバーの魅力の一つである
「やればやるほど分かっていく面白さ」
が、読者の皆様に少しでも伝わっていれば幸いである。

来週は、8月のイベント情報を中心にお送りする。
今回のテーマは「あるある」。
詳細は続報を待て!(二度目)

では、また来週。

« ダラバー部・漁師会談 第1回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. | トップページ | ダラバー部・DBAC四方山 第1回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. »

ダラバー部」カテゴリの記事

コメント

hermes 名古屋

投稿: hermes カバン | 2013年8月 9日 (金) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダラバー部・漁師会談 第1回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. | トップページ | ダラバー部・DBAC四方山 第1回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. »