« ダラバー部活動コラム「それでも鯨を倒したい」 2周目 第5回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. | トップページ | ダラバー部・戦果報告 第3回 by ARUKAS »

2013年10月11日 (金)

ダラバー部・漁師会談 第4回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N.

今年も、残すところあと100日を切った。
「持ち越し」はあっても「やり残し」は無いように、
元気に攻略していこう。


さて。
今週は4回目となる「漁師対談」である。
今回の相手は、イベントでもスタッフとして頑張ってくれている新鋭Biaxe氏。
若くしてオリジンに傾倒すると言うちょっと変わった好みを持つ彼だが、
「機体選び」に関して少し考えさせられる話を聞く事が出来た。
今日は、その模様の一部をお送りしようと思う。

Dbac77_05
↑ベナイン星系リボアビエリアでのオリジンの雄姿。

――何故、いきなりオリジンに?
R.A.I.N.(以下R):前々からちょいちょい話は聞いていたけど、まずはこれ。
Biaxe(以下B):ZONE Iとカサゴで何かしたかったから、って言うのが一つ。
R:「やりたい事」の方が先だった、って事?
B:そうそう。で、既にクロニクルを遊んでいてバースト機をいっぱい使っていた、って言うのがもう一つ。
R:当時(※Unlock Aの頃)は非バースト機エリアは大抵食い潰されていたしね。
B:しかも、セカンドも外伝も難しいエリアしか無くて。
R:オクドースフォにマシネに……(笑)
B:オリジンも、まあ大概ではあったけどね。
R:何にせよ、「機体の性能からやりたい事を見つける」のではなく、「目的から機体を絞り込んだ」わけだ。
B:当時唯一の「オリジナルでのx60機体」って言うのも。
R:なるほど。良く聞く話とは順番が逆なわけだ。

――やり込む中で、見つけたもの。
R:それでもノウハウが無かった頃は、苦戦したろ?
B:バースト機に出来る事が出来ないのは辛かった。でも、逆もあったから。
R:逆?
B:地形も敵も貫通するウェーブ。
R:ああ、それか。
B:あとボムね。あの超火力。
R:そう言えば、初めて会った時から結構そう言う事言っていたな。
B:いつ頃の話?
R:いや、マジで会ったばかりの頃。「デブリマフラーはオリジンだと楽」って最初聞いた時は、「そんなはずないだろ」って思っていた。
B:当時はしょうがないよ。
R:オリジンでデブリマフラーやると時々思い出すんだよね、この話。
B:ふむふむ。
R:やらなきゃ分からないもんだね。

――機体選びに悩んでいる人へ。
R:最後に。今更、とは口が裂けても言わない。
B:実際いるかも知れないしね。
R:現にミカドだといるしね。
B:とりあえず、見た目でも何でもいいから愛着が湧くまで遊んでみることかなぁ。
R:オリジンもやってみると案外強い……あー、でもそこまでやり込む自体がキツいかもだなぁ。
B:結局、諦めない事が肝心なのかも。
R:対戦ゲームと同じだね。「上手くなるまで続けられるかどうか」って言う。
B:具体的に、って話になると難しいけど。
R:「もっと遊べばいいのに」、ってところで諦めちゃう話はよく聞くからなぁ。
B:ツライ時に頑張るから愛着も湧くのにね。
R:そのために、こうやってブログを書いている身としては、常に至上命題だよ。
B:行き詰っている人とかいたら、是非ミカドに遊びに来て欲しいよね。
R:部長としては、火曜交流会に……(笑)
B:ああ、そう言う……(笑)
R:作ってみたいよね、ちゃんとした攻略本も。
B:内容は、やっぱりがっつり?
R:そりゃあもう(笑)
B:(笑)


※※※※※


次回は寄稿記事である。
……が、これを更新している段階ではまだ書き上がっていないとの事。
どんな記事になるのか、今から楽しみだ。


それでは、また来週。

« ダラバー部活動コラム「それでも鯨を倒したい」 2周目 第5回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. | トップページ | ダラバー部・戦果報告 第3回 by ARUKAS »

ダラバー部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダラバー部活動コラム「それでも鯨を倒したい」 2周目 第5回 by森羅 a.k.a. R.A.I.N. | トップページ | ダラバー部・戦果報告 第3回 by ARUKAS »